09
08月10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
みりんの日記

みりんの日記 もらいもの紅星<ぼく紅星!
(ふぁぶさん描いてくれた)

プロフィール

8みりん8

Author:8みりん8
はじめまして!

ここでは好きなゲーム
(主にオンラインゲーム)と
つたない日記を載せていこうと思います。

ROHANは連合1サーバー。
エルフとダンを交互に遊んでました。
今はダンがメインです。

ROHAN))
1st名=oみらーo
 ヒーラー女エルフ。
 支援ぽいのができれば
 いいかなぁって。

2nd名=:紅星:
 ソロ用男ダン。
 ただ見た目がお気に入で作成。
 懲りずに育て続けてます。

3rd名=ψErigorψ
 イケメンGD。
 紳士になろうとしている。

4th名=レウィシア
 ハーフエロフ。
 名前はお花から。
 きゃわゆいでしょ?
 あれ?そうでもないすか?w
 
5th名=:紅乙女:
 名前はお酒から。
 DK子です。
 よくわかんないけど
 作ってみました。
 
 
もらいもの紅星
(上の画像は人様が描いたもの。
気に入りすぎたのでしばらくはっつけw)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
バナー
RohanLink ROHAN・ブログ
コピーライト
Copyright 2010 R.O.H.A.N by WeMade Online Co.,Ltd. All Rights Reserved. Copyright 2005-2010 R.O.H.A.N by YNK GAMES Inc. All Rights Reserved.
フリーエリア
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comment
  • Trackback
  • Top
 
03/11

ROHAN)イヤリングと夢

こんばんわ みじんこみりんです。
10031001.jpg
アップデートでデコドロ始まりましたね!たのしみですよ~♪
公式の↑の絵、なんか微妙なかわいさだね。
 
9日からのプレイ書いてないから今日書くよん。
 
<9日>
パルタルカに行ったら前ロハでよくPKしにきた人が居た。
10031002.jpg
パタっとPKしにこなくなったなぁって思った。
リベクリックしても安置ってでちゃうし。
武器をもってないところからすると
もうPKしてないで倉庫キャラにでもなってるのかな?
それにしても目つき悪いメイドさんww
ツンデレ喫茶に居そうです。
 
レベル上げしに行ってたら
遊びに来た人が居たよ!!!
10031003.jpg
たのむからそれに乗ってくんのやめろwwwww
うれしいけどさwwww
 
<10日> 
10031004.jpg
10031005.jpg
似合うような前の青いイヤシングの方がいいような・・・。
能力はイラネ!なんだけどねぇ。
おしゃれグッズとしてとっておこう。
他にどんなのがでるのか楽しみです。
できればいい能力でお願いします!
 
 
 
追記は見た夢の内容っす。
長文だし自己満足ものだからスルーでもええわ。
 
 夢なんてあんま覚えてないもんなんだけど
あんまりにも長くてハッキリと覚えてたし
ちとストーリーちっくだったんで面白かったから書いとくw
 
 
私は女エルフでヴェーナからアインホルンまで
何かの頼まれ事で旅をする事になったっぽい。
 
ヴェーナ入り口で
ギルド仲間やフレに行ってらっしゃーい!
と見送られ、たった一人で歩いて旅立った。
 
 
周りの景色を楽しみながら
たまに通りかかる人と挨拶交わしたりした。
ちょっと重い荷物に苦戦しながらも
先に進むにつれ街から徐々に離れ、
段々ひと気もなくなり道も舗装されてない
自然の道になっていた。
 
淡々と歩んでいたその時
D、DE、HEの男3人が現れて囲まれた。
ケタケタと笑いながら周りを回る。
何か衝撃があった。
気がつくと違う場所にいた。
 
 
どうやら連れ去られたようだ。
 
 
洞窟(悪霊っぽいかんじ)でそこにはさっきの3人や他にもたくさん人がいた。
みんなどうみてもガラが悪い。
たいまつで照らされて見える光景は
酒を飲んでる者や
たむろって談笑してる者、
金勘定してる者、
隅には
縄で両手をしばられて一ヶ所に集められている女性達。
 
その女性達の中に私はいた。
 
周りをみて
ここにいる人達は山賊で
女性は身売りされる所だと把握した。
 
 
やばくね?自分w
 
 
逃げる策を考えはじめたその時
ボス(G)と手下ぽい数人が現れこっちに来て
今日の商品はまあまあだな!とかリアルな会話をしていた。
 
 
上役の一人(H)が商品の一人が気に入って
売り物にしないで自分の物にしてた。
女性(HE)は悲鳴をあげてたが
構わず連れてかれて行った。
それを見てて自分も欲しいと思ったらしく
もう一人(D)も品定めし始めた。
 
 
「こいつにするわ」
 
 
うわぁ…私かよ…堪忍してくれ。
 
すぐに連れてかれず
その場でおちょくりだした。
ギャラリーまで出来て見せ物状態。
からかい遊びが一通り終わった所で
連れてかれそうになり拒むべく暴ける。
 
やめて!
 
縛られた両手を思いっきりふったら
Dの頬に直撃してしまった。
 
彼のイヤリングが
左右に揺れる。
ゆっくり顔を戻し
こちらを睨む。
 
 
「やってくれるじゃねぇか…このアマ…」
 
 
やっべっっっ怒らしたw
あ、よくみるといい男だなってそう思ってる場合じゃねぇw
 
 
その場で襲い始めた!
 
ちょっと!
それマジで勘弁してください!
里にいるお父さんお母さん!
ギルドのみんな!
フレンドのみんな!
ごめんなさい!
助けてください!
怖いよ!やだよ!
 
 
もう泣くしかなく
洞窟内に大音量の泣き声を響かせる。
(忍者ハットリ君の弟シンゾウ級)
 
 
さすがに我に返ったらしいというかドン引いたD。
このままじゃどうしようもないと思ったらしい。
勢いよく私を担いでその場から離れる。
 
 
足場の悪い崖を器用に素早く登っていく。
着いて私をおろした所は外の景色が一望できる小山の上。
遠くにはアインホルンの城や
綺麗な山岳が見渡せ、
目の前には見たことの無い綺麗な花が沢山咲いていた。
 
 
「悪かったよ、○○(言ってないのに何故か知っている本名)」
 
 
不機嫌そうにタバコふかして背を向けしゃがんでそう言うD。
 
綺麗な所に連れてくるDにちょっとキュンとした自分。
 
 
 
そこで目が覚めた。
あの後、どうなったんだろうなぁ。
担がれてる時はアトラクションみたいでスリルあって
楽しかったのう。
面白い夢だったわ。
スポンサーサイト
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
  • « new
  • Home
  • old »
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。